サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方 > 腸内細菌 > 腸内細菌がお腹の環境を整える

スポンサードリンク

サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方

腸内細菌がお腹の環境を整える


腸の中には100種100兆個の腸内細菌が生息しています。

と一昔前まではそういわれていましたが実は計測器の発達で、実は1500兆個の腸内細菌が生息しているそうです。


腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があってそのバランスがくずれると、便秘や下痢をひきおこしてしまいます。


悪玉菌が優位になると、悪玉菌のつくる有害物質のが増加します。

便やおならの悪臭は、悪玉菌がタンパク質を分解してできる有害物質が原因です。


さらに悪玉菌がつくる有害物質はおなかの調子だけでなく、身体のあちこちに悪影響を及ぼします。

悪玉菌が増えると、肌荒れやふきでものの原因、免疫力が低下して風邪などをひきやすくなったり、さらには生活習慣病の原因になるといわれています。


おなかに良いとされる菌にはいろいろありますが、主な善玉菌の代表は、ビフィズス菌ですね。

大腸に多く生息して、食物繊維やオリゴ糖を分解して乳酸や酪酸を生み出し、腸管内を酸性にするため悪玉菌が働きにくくなります。


その他の善玉菌のサポートも重要です。

乳酸菌や酪酸菌には腸管内を酸性にする働きがあるばかりか、悪玉菌の働きを抑えたり、ビフィズス菌の増殖力を助けたりします。

納豆菌は悪玉菌の働きを抑制し乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌の働く力をサポートするといわれています。

これらの菌が助けあって、調子を整えてくれます。


これらの菌以外にもキウイ汁も調子を整えるともいわれています。


腸内のバランスを整えて、すこやかなお腹をキープしたいものですね。


腸内環境を支配する腸内細菌の世界は、人間社会と何となくよく似ていますね。

スポンサードリンク

<<カロチノイドとは【サプリメント通販】 | サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方トップへ | アスタキサンチンとは>>



Powered by Seesaa
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。