サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方 > 栄養素 > カロチノイドとは【サプリメント通販】

スポンサードリンク

サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方

カロチノイドとは【サプリメント通販】


カロチノイドは、緑黄色野菜や果物などの赤や黄色、緑、橙色といった鮮やかな色のもとになっている天然色素です。

カロチノイドは、色がきれいなだけでなく、多彩な抗酸化作用でさまざまな病気のリスクを減らすの役立っている栄養素です。


実はカロチノイドは、自然界に600種以上も存在しており、そのうち緑黄色野菜や果物など食物に含まれるのは約50種ほどです。


野菜や果物は、光合成のために太陽のエネルギーを得ていますが、同時に紫外線を浴て活性酸素がはっせいします。

この活性酸素の害から自らの身を守るため、各種のカロチノイドを合成しています。


カロチノイドそのものに強い抗酸化作用があるため、人間の体内のさまざまな部分で活性酸素を除去したり、その働きを弱めて、細胞の老化を予防するのに役立ちます。

心疾患とか認知症、眼の疾患の予防改善効果など、さまざまな病気のリスク軽減にも期待が集まっています。


体内に吸収され健康維持に重要な働きをするカロチノイドは10種類と言われ、中でも代表的なのが6種類です。


ベータカロチン、アルファカロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンです。


これらいずれのカロチノイドも細胞の老化を招く活性酸素を除去する作用が特徴ですが、カロチノイドの種類により異なる組織や器官に貯蔵され、その効果を発揮することがわかってきました。


身体のさまざまなところで活性酸素に対抗するには、6種類のカロチノイドをまんべんなく、バランスよくとることがポイントになります。


普段の食事で野菜不足になりがちな人はこうして栄養素をサプリメントで補うといいですね。

スポンサードリンク

<<セレニウム【サプリメント通販】 | サプリメントを利用した正しい微量栄養素のとり方トップへ | 腸内細菌がお腹の環境を整える>>



Powered by Seesaa
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。